テキパキ働ける環境を整えよう|健康診断は福利厚生代行に丸投げ

時代とともに変化する

オフィス

安く住める

一昔前までは、社宅は所属社員にとって安く住める住居みたいな場所でした。毎月生じる家賃や光熱費に関して若干会社側で負担をしてくれるので、毎月余裕をもって生活がおくれる場所でした。しかし、近年になって社宅の形態にかんして大きく変貌を遂げています。安く住める場所から、転勤のためにすぐ住めるような場所になっているのです。確かに、転勤をするといろんな面で苦労を重ねます。まずは、引越作業です。転勤の度に多くの荷物をまとめて持ちださなければならなくなるからです。それに、住所の変更や新しい転居先の確保もすぐにできるとは限りません。一応費用は会社によっては負担してくれますが、経済的に潤っても精神的には疲弊が激しいものです。そこで、社宅というものがあればわざわざ、転居先を探す必要もないので、気軽に移り住むことが可能になるのです。

転勤ですぐに動くために

また、社宅についての形状も変わってきています。どういう事かというと、一昔前では会社自体が社宅物件を所有するスタイルが主流でした。しかし、毎月の維持費や上記で説明した転勤目的に関する影響もあるのか、借り上げ社宅という形式をとるところが多くなっているのです。一時的に住める、マンスリーマンションを外部で借りて過ごすことによって企業側にとっても、大きな予算をかけずに済むので、経費削減に繋がっていきます。そのため、会社所有のものを売却して借り上げ式にシフトチェンジしているところが多くなっているのです。もし、予算を節約して社宅を所有したいと思ったら、借り上げ式の社宅に切り替えるのも一つの選択肢です。